信毎からのお知らせ - 総務局

丹精した鉢花類、4日コンクール 松本で審査後公開、販売も

2019年11月01日

シクラメンなどが数多く並んだ昨年の鉢花類コンクール

 県などが主催する県園芸特産振興展のうち、鉢花類のコンクールが4日、初めて松本市中央2の信毎メディアガーデンで開かれる。鉢花農家が丹精込めて育てたシクラメンやダリア、パンジー、ビオラなど計300鉢以上を出品。審査後に一般公開する。鉢花の販売も予定している。

 コンクールは生産者の技術向上や園芸特産の発展が目的。県野菜花き試験場や市場の専門家が審査し、農林水産大臣賞などを決める。一般公開は午後0時半〜午後4時。

 「鉢花マルシェ」と呼ぶ鉢花の販売は同日午前11時からで、シクラメンなどを1鉢200〜数千円で販売する。

 今回は信毎メディアガーデン内のアウトドア用品販売「A&Fカントリー松本店」とタイアップし、テントの周りに鉢花を並べて「花のあるライフスタイル」を提案するコーナーも設ける。

 コンクール関連の催しはいずれも入場無料。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ