信毎からのお知らせ - 総務局

児童生徒の美術作品800点 松本の信毎MGでアート・フェス

2019年10月27日

ビーズをつなぎ合わせて作った電車など自由な発想の作品が並ぶ会場

 松本市の小中学校、特別支援学校の児童生徒の美術作品を集めた「未来子どもアート・フェス」が26日、松本市中央2の信毎メディアガーデンで2日間の日程で始まった。子どもたちや来場者が「面白い」「すてき」と感じ合える場にしたいと、美術教員らでつくる市美術教育研究会が初めて企画。絵画や立体作品など計約800点が並ぶ。
 多くのビーズをつなぎ合わせて作った電車、学校の周りで集めた木や松ぼっくりでできた「島」のミニチュアなど自由な発想の作品ばかり。等身大の自分たちの姿を絵に描き、発泡スチロールに貼り付けた作品が来場者を迎える。
 準備に奔走した同市梓川小教諭の野村仁さん(47)は「図工や美術で一番大切なことは表現したい、伝えたいという気持ち。心を打つ何かがあると思う」と来場を呼び掛けた。27日は午前10時~午後4時。入場無料。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ