信毎からのお知らせ - 総務局

OMFの雰囲気一足先に松本で オペラの劇中歌など披露へ

2019年7月01日

 「音楽祭の雰囲気を一足先に街中で」。松本市で8~9月に開催される世界的な音楽祭セイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)の実行委員会は、7月6日(土)に松本市中央2の信毎メディアガーデンで「ちょっぴり先取りOMFアフタヌーンコンサート」を開きます。

 フェスティバルで上演されるオペラの劇中歌などをプロ歌手が披露し、合わせてアマチュア音楽家らによる野外生演奏「楽都・まつもとライブ」も開催。音楽祭に向け、街の雰囲気を盛り上げます。イベントは全て入場無料です。

 アフタヌーンコンサートに出演するのは、米国を拠点に活躍するバリトン歌手大西宇宙(たかおき)さん。今年のOMFオペラ「エフゲニー・オネーギン」では主人公の代役を務めます。午後1時と3時からの30分間、1階ホールで劇中歌のほか、オペラ「セビリアの理髪師」の楽曲などを歌い上げます。ピアノ伴奏は長野市出身の小林万里子さんです。

 楽都・まつもとライブは、正午から45分間。中央通りに面した広場スクエアで開催します。地元ゆかりの演奏家らが、フルートとピアノの二重奏やサクソフォン合奏を披露します。

 この他、過去のOMF公演映像の上映や公演チケット、グッズ販売も行う予定です。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ