信毎からのお知らせ - 総務局

CFT構造賞を受賞 信毎メディアガーデン

2019年6月21日

 松本市中央2の信濃毎日新聞松本本社「信毎メディアガーデン」=写真上=が、コンクリート充填(じゅうてん)鋼管(CFT)の柱を使った優れた建物に贈られる一般社団法人新都市ハウジング協会(東京)の2019年度CFT構造賞を受けた。高性能カメラで鋼管内へのコンクリート充填作業を管理したことなどが評価された。20日に都内で表彰式があった=写真下。

 同賞は2000年度に始まり県内からは初受賞。18年内に完成した建物を対象に公募し、意匠、構造、耐火、施工、CFT造の普及の5項目で採点。9件が受賞した。

 18年4月に開業した信毎メディアガーデンは、地上5階、地下1階(延べ床面積8143平方メートル)。地上階では9本のCFT柱を15・6メートル間隔で立て、広々とした内部空間を実現した。県内のCFT造は限られており「地方都市へのCFT造の普及に貢献」したと認められた。

 諏訪郡下諏訪町出身の世界的建築家伊東豊雄さんがデザイン。構造家佐々木睦朗さんが構造設計を手掛け、北野建設(長野市)が施工した。

 表彰式には信毎松本本社の中村賢二副代表らが出席。同協会の河野晴彦会長から表彰状を受け取ったほか、記念のメダルを授与された。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ