信毎からのお知らせ - 総務局

そば打ち第一人者のそば味わって 松本で4月5日

2019年3月14日

 そば打ちの第一人者といわれる高橋邦弘さん(大分県)を招いた「翁達磨(おきなだるま)高橋邦弘そばの会」が4月5日、松本市の信毎メディアガーデン内のレストラン「松本てらす」で開かれる。同レストランを企画・プロデュースする養命酒製造(東京)が企画。高橋さんのそば打ちの技を間近で見学し、打ち立てのそばを酒やつまみと共に味わえる。

 高橋さんや弟子たちがそばつゆに養命酒製造のみりんを使っている縁で実現。ともに弟子でそば店「京都花もも」(京都府)を営む松本市出身の百瀬洋貴さん、「山梨翁」(山梨県)を営む大橋誠さんも参加する。養命酒製造直営店「くらすわ」(諏訪市)の副総支配人関森雅裕さん(51)は「高橋さんのそばを食べてもらうめったにない機会」として参加を呼び掛ける。

 昼の部は午前11時からと午後1時から、夜の部は午後6時から。各回定員40人。料金は昼の部が4千円、夜の部が5千円。要予約。予約、問い合わせはくらすわ(電話0266・52・9630)へ。


  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ