信毎からのお知らせ - 総務局

串田和美さん演出「Mann ist Mann」 松本で8~13日

2019年2月04日

 松本の冬を盛り上げる「冬のカーニバルシリーズ」第1弾として演劇「Mann ist Mann(マン イスト マン)」が8日(金)〜13日(水)、松本市中央2の信毎メディアガーデン1階ホールで開催されます。まつもと市民芸術館芸術監督で、同ガーデン企画プロデューサーの串田和美さんの演出するエンターテインメントを、飲食もできる「キャバレースタイル」で間近にお楽しみいただきます。市芸術文化振興財団と信濃毎日新聞社の主催。

 物語は、ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒト原作で、英国植民地時代のインドが舞台。さい銭泥棒をした4人の英国軍兵士のうち1人が捕まり、残りの3人は鬼軍曹にばれないよう、通り掛かりの男を身代わりにします。人間とは何か。笑いとユーモアの中で、アイデンティティーを探求する物語は予想もできない方向へと進んでいきます。

 元宝塚歌劇団男役トップスターの安蘭(あらん)けいさんと串田さんのほか、オーディションで募った若手俳優らが出演します。

 開演時間は8日(金)が午後7時、9日(土)は午後1時と6時、10日(日)と11日(月)は午後2時、13日(水)は午後1時。料金はA席5000円、18歳以下3000円。S席の販売は終了しました。

 チケットはまつもと市民芸術館のほか、信毎メディアガーデン1階まちなか情報局でも販売しています。問い合わせは同芸術館(電話0263・33・3800)へ。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ