信毎からのお知らせ - 総務局

信毎メディアガーデン28日開業 市民交流の場にテナント11

2018年4月27日

 信濃毎日新聞松本本社の新社屋「信毎メディアガーデン」は28日、展示会や演奏会ができるホールや物販・飲食のテナントが入った1〜3階がオープン、既に業務を始めている4、5階のオフィスを合わせ全面開業する。国宝松本城に近く、1〜3階をコミュニティーゾーンとショップゾーンとして市民が集って交流できるように開放、街づくりの発信機能を備えた複合施設となる。

 コミュニティーゾーンのうち1階ホールでは演奏会や演劇、展示会などの催事を予定。3階のスタジオではダンスなどの軽運動ができ、料理研究家の横山タカ子さん監修のキッチンも備える。ショップゾーンには、カフェ、レストランのほか、雑貨、食品、アウトドア用品などの物販、外国語学校など10社の11テナントが入る=表。

 1階ホールでは28日から、松本市美術館で開催している同市出身の前衛芸術家草間弥生さんの特別展の一環として、カボチャを題材にした立体作品「PUMPKIN2011」を展示する。5月6日まで。

 信毎メディアガーデンの企画プロデューサーは演出家・俳優の串田和美氏。1階ホールで年数回の「串田企画」を展開するほか、コミュニティーゾーンの在り方について助言する。

 建物は世界的建築家の伊東豊雄さん=諏訪郡下諏訪町出身、第14回信毎賞受賞者=が設計。地下1階、地上5階で延べ床面積8143平方メートル。4、5階は信毎松本本社の報道部と営業部門、今月18日に創刊した「MGプレス」の編集室などが入っている。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ