信毎からのお知らせ - メディア局

<信毎の本> 長野県の名峰百選(上・下)

2020年3月02日

 元県警山岳遭難救助隊長の中嶋豊さんが「信州の新たな百名山」を選び、登山ルートを詳細な手描き絵地図で紹介するガイド本です。上巻(2018年刊)は県内北半分の50山71コース、ことし刊行した下巻は南半分にあたる50山72コースを収録しました。

 著者は、県内の名山を選んだ本として知られる「信州百名山」(清水栄一著)を基に、登山道の現況や、山の人気度などを加味しながら選考しました。新刊の下巻は、槍ヶ岳へと向かう表銀座・裏銀座の山々をはじめ、穂高や常念山系など北ア南部の人気コースのほか、中アのほぼ全山、南アは甲斐駒ヶ岳や仙丈ケ岳、塩見岳、赤石岳など県内に山頂のある名山を紹介。岩場や鎖場といった危険個所、休憩適地など、安全登山に役立つ情報も豊富です。

 定番ではない比較的静かな「裏ルート」も見どころで、百名山から外れた山も「長野名峰百選プラス」としてカバー。同じ著者の既刊「信州山歩き地図」シリーズ(4冊)に載せた山も最新情報を交えて紹介しています。

 上巻は166ページ、下巻は158ページ、ともにA4判、2200円(税込み)。書店、信濃毎日新聞販売店でお求めください。問い合わせは信毎出版部(電話026・236・3377)。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ