信毎からのお知らせ - メディア局

<信毎の本> 見つけよう信州の昆虫たち―身近な自然の昆虫図鑑

2018年8月01日

 夏真っ盛り、野山や街の中には小さな昆虫たちの姿がいっぱいです。夏休みの生物観察のほか、自由研究の参考にしたり、目にした昆虫の種類を調べたりするのに最適なロングセラーの図鑑を紹介します。2009年の初版発行から10年目を迎えた現在も、現役や往年の昆虫少年から高い支持を得ています。

 B6判のコンパクトなサイズに、長野県内全域で見かける昆虫1400種を写真付きで一挙掲載。320ページ。信州昆虫学会の監修です。

 チョウ・ガ、コウチュウ、トンボ、セミ・カメムシ、バッタ・コオロギ、ハチ・アリ、ハエ・カ、水生昆虫…それぞれについて、生態や見つけ方・捕まえ方・飼い方、似たもの同士の見分け方といった情報がいっぱいです。

 「長野県から絶滅・減っている昆虫」「増えてきている昆虫」「人に害を及ぼす昆虫」などの解説に加え、標本の作り方も載っています。カバー裏面には虫の大きさを測るのに便利な物差し付きです。

 税込み2700円。帯の袖に印刷された応募券を信濃毎日新聞社出版部に送ると、野外持ち歩き用の特製ビニールカバーをプレゼントします。お求めは書店、信毎販売店へ。信毎出版部(電話026・236・3377)から直送(要送料)もします。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ