信毎からのお知らせ - メディア局

数学者・秋山仁さん「教育羅針盤」 本誌コラム12年分まとめ出版

2017年6月27日

本紙掲載のコラム「コンパス」の記事を単行本にまとめた秋山さん

 信濃毎日新聞教育面のコラム「コンパス」の筆者の一人で数学者の秋山仁さん(70)=東京都渋谷区=が、自身の担当分をまとめた単行本「秋山仁の教育羅針盤(コンパス)共に、希望を語ろう」を信濃毎日新聞社から出版した。執筆を始めた2005年5月から今年5月までの92回分を加筆、修正して収録。秋山さんは「教育は子どもよりも大人の問題。家庭や学校で論じ合う題材にしてもらえればうれしい」と話している。

 その時々に起きた事件・事故、趣味のアコーディオン演奏など硬軟の話題を取り上げつつ、教育観をつづってきた。単行本化に際して全て読み返し、「いじめや暴力の問題などが何度も繰り返して起きていることに途方に暮れてしまった」と言う。

 スマートフォンの登場やグローバル化といったこの12年間の動きを例に「時の流れを見据え、学校で学ぶ内容を変えていく必要がある」「世界を変えるようなアイデアを出せる人を育成しないといけない」と指摘。「数学の統計はデータの蓄積によって信頼性が増す。コラムも続けることに意義がある」とし、「科学者の観察眼で物事を見極めていきたい」と今後への意欲を語った。

 268ページ、1300円(税抜き)。県内の新聞販売店や書店で扱っている。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ