信毎からのお知らせ - 事業局

伊那で石仏歩いて巡る 22日に初開催

2020年11月02日

伊那市高遠町の桂泉院にある高遠石工・守屋貞治の菩薩像

 伊那市高遠町で22日(日)、街なかを歩いて石造物を巡る「高遠城下石仏ウォーク」が初めて開かれます。信濃毎日新聞社、伊那市、伊那市観光協会が主催。

 コースは全長7.5キロ。江戸時代を中心に、各地で石仏などを手掛けた高遠藩ゆかりの職人「高遠石工(いしく)」の石仏や道祖神を巡ることができます。高遠城址公園を発着。地図を頼りに建福寺や高遠町歴史博物館など指定された8カ所の印所を巡り、参加者に配布される「御集印帳」に押印、高遠城址公園に戻るとゴールとなります。

 参加者全員に、市内温泉施設の無料券やオリジナルデザインの手ぬぐいなどを差し上げます。また、参加者は高遠町歴史博物館に無料で入場できます。午前8時から受け付け開始。受け付け次第随時スタートとなります。終了時刻は午後2時です。

 参加料は事前申し込みが一般(高校生を除く満18歳以上)1500円、小中高生500円で定員500人。高校生以下は保護者の同伴が必要。インターネットの「スポーツエントリー」か「イーモシコム」、受け付け専用電話(電話0570・039・846)でエントリーできます。締め切りは9日(月)。問い合わせは信毎松本本社事業部(電話0263・32・3460=平日午前10時〜午後5時)へ。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ