信毎からのお知らせ - 事業局

絵本画家・瀬川康男さん企画展 10月4日から安曇野ちひろ美術館

2019年9月30日

 ロングセラーの絵本「いないいないばあ」などで知られる絵本画家・瀬川康男さんの企画展「瀬川康男 坦雲亭(たんうんてい)日乗(にちじょう)―絵と物語の間(あわい)」が10月4日(金)から12月15日(日)まで、北安曇郡松川村西原の安曇野ちひろ美術館で開催されます。同館と信濃毎日新聞社の主催です。

 1932年愛知県岡崎市に生まれた瀬川さんは、77年に群馬県の北軽井沢に移り住み植物や動物の写生に没頭、82年には住まいとアトリエを小県郡青木村に移します。「坦雲亭」と名付けた家で、自作の絵本や壮大な歴史絵本「絵巻平家物語」シリーズなどを生み出しました。タイトルにある「坦雲亭日乗」とは瀬川さんの日記のこと。本展では「坦雲亭日乗」やノートにつづられた瀬川さんの言葉を手掛かりに、絵本原画やタブロー(一枚絵)、植物スケッチなどを展示し、絵にかけた思いと人生に迫ります。併せて「ちひろ・ていねいなくらし」展も開催します。

 入館料は800円、高校生以下は無料。第4水曜日は休館し、12月16日(月)から2020年2月末日まで冬期休館。問い合わせは同館(電話0261・62・0772)へ。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ