信毎からのお知らせ - 事業局

北京民族楽団「風華国楽」 松本で4月2日公演

2018年3月01日

 北京民族楽団「風華国楽」の公演が4月2日、松本市水汲のキッセイ文化ホール(県松本文化会館)で開かれます。信濃毎日新聞社と民主音楽協会(東京)の主催です。

 同楽団は、中国雑技団など11の芸術団体を擁する北京演芸集団の一つです。「風華国楽」には四季の移ろいを音楽で表現する意味合いが込められています。

 今公演は、日中平和友好条約締結40周年などを記念して開催し、室内民族音楽演奏ユニットと打楽器ユニットで編成するメンバーが来日します。「女子十二楽坊」の初代メンバーも含まれています。

 「日中の四季を彩る名曲の調べ」と銘打ち、四季を表現した中国の曲に加え、「花は咲く」「島唄」といった日本の曲も取り上げます。中国伝統の弦楽器や打楽器の演奏に、歌も交えた多彩な舞台を披露します。

 開演は午後6時半。全席指定で入場料はS席5800円、A席5300円、B席4800円。

 問い合わせは、MIN―ONインフォメーションセンター(電話03・3226・9999)へ。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ