信毎からのお知らせ - 事業局

巨匠が描いた水墨画一堂に 長野・水野美術館で28日まで

2017年5月02日

 水野美術館(長野市若里)、信濃毎日新聞社などは28日まで、「すみいろの世界〜富岡鉄斎から加山又造まで」を同美術館で開いています。日本の水墨作品を収集展示する富山県水墨美術館の所蔵作品から、近現代の日本画の巨匠たちが描いた約60点を2部構成で紹介しています。

 第1部は、幕末生まれの文人画家、富岡鉄斎や明治期に日本画の新しい世界を切り開いた横山大観、菱田春草(飯田市出身)、大正〜昭和期に活躍した川端龍子、村上華岳らの作品。第2部では、高山辰雄、東山魁夷、加山又造といった現代作品を中心に展示し、日本画壇の移り変わりを見ることができます。

 午前9時半〜午後5時半(入館は午後5時まで)。月曜日休館。入館料は一般1000円、中・高校生700円、小学生400円。小・中学生は毎週土曜無料。問い合わせは、同美術館(電話026・229・6333)へ。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ