信毎からのお知らせ - 事業局

美輪明宏さんの舞台 松本で5月4日

2017年4月01日

 美輪明宏さんが演出、主演する舞台「近代能楽集より 葵上(あおいのうえ)・卒塔婆小町(そとばこまち)」を、5月4日に松本市深志のまつもと市民芸術館で上演します。美輪さんは「葵上」で生霊を、「卒塔婆小町」では100歳の老婦人と20歳の絶世の美女を演じ、幻想的な舞台をお届けします。信濃毎日新聞社などの主催です。

 「近代能楽集」は、能の演目を現代の感覚で翻案した三島由紀夫の戯曲集です。「葵上」は「源氏物語」が題材。嫉妬心に駆られた女の生霊六条康子が、光の妻・葵の病床に毎夜通ってきます。六条の不思議な力に引かれた光は、瀕死(ひんし)の葵を捨てて、幽玄の世界へ引き込まれていきます。

 「卒塔婆小町」は、小野小町と深草少将の伝説を題材にしています。小町を「美しい」と言った男たちは死んでしまう。愛ゆえに男に言わせまいとするが、男たちは「美しい」と言わずにはいられない。小町は、愛のため男を100年待つ運命の中にいる。

 開演は午後2時半。入場料はSS席1万2000円、S席9800円、A席6800円。未就学児は入場できません。入場券は、同館や松本市の井上百貨店、ローソンチケット、チケットぴあ、イープラスで販売しています。

 問い合わせは、キョードー北陸チケットセンター(電話025・245・5100)へ。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ