信毎からのお知らせ - 編集局

課題写真コンクールは信毎フォトコンテストに変わります 19年上半期テーマ「始まり」

2019年1月04日

 「課題写真コンクール」は、今回で終了します。1973(昭和48)年6月に始まった同コンクールは、計183回を数え、たくさんの応募をいただきました。

 改元を迎える2019年からは、装いを新たに上半期(1~6月)と下半期(7~12月)に分けて年2回の「信毎フォトコンテスト」が始まります。各回にテーマを設ける「テーマ」、ニュースの視点を盛り込んだ「ニュース」、小、中学・高校生を対象にした「ジュニア」の3部門です。6月と12月の審査後、上位作品を表彰します。

 2019年上半期のテーマは「始まり」。新年、新学期、また年号が変わるこの時期。平成から新たな年を迎えて始まるさまざまな光景を切り取ってください。「ジュニア部門」は自由です。思い思いの感性で作品作りに取り組むことを期待します。

 「ニュース」はこれまで通り事件事故のほか、社会時評、珍しい動植物、気象現象、地域の話題、流行などが対象です。ニュース性のある話題、光景を盛り込んでください。速報性あるニュース写真はコンテストの締め切りに関係なく、いつでも受け付けます。撮影後、速やかに長野・松本両本社、各支社局へ連絡をお願いします。紙面に掲載した場合は規定により謝礼を差し上げます。審査は掲載、未掲載分を含め、コンテストの審査日に行います。

 ニュース写真で、速報用デジタルデータの送信先メールアドレスはphoto@shinmai.co.jpです。送信した時は必ず信濃毎日新聞写真部(☎026・236・3151)へ連絡をお願いします。

 【応募規定】
 いずれの部門もA4、六つ切りサイズのプリント。未発表で、2019年1月から締め切りまでの間に撮影の作品に限る。写真の裏に紙を貼り▽部門▽題名▽撮影年月日、場所▽簡単な説明▽郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号▽「ジュニア部門」は学校名、学年を必ず記入。著作権は撮影者本人に属しますが、入賞、入選作品は信濃毎日新聞社が優先して使用し、ほかのコンテストなどには応募できません。
 作品は、撮影者が被写体の肖像権やプライバシーに配慮し、コンテスト応募の了承を得たものとします。
 応募の際、郵送の他に作品の持ち込みが可能ですが、選外作品の返送、返却は応じません。ご了承ください。問い合わせは信濃毎日新聞写真部(☎026・236・3151)。

 【締め切り】
 2019年6月15日(土)必着。

 【送り先】
 〒380―8546 長野市南県町657 信濃毎日新聞社「信毎フォトコンテスト」係

 【審査・発表】
 信濃毎日新聞社フォトコン審査会が審査、6月下旬の本紙朝刊で各部門の入賞作品と入選の氏名を発表、特集します。

 【賞】
 ▽テーマ、ニュース
 1席(1点)5万円、記念盾
 2席(1点)3万円、同
 3席(数点)各1万円、同
 入選(10点)記念品
 佳作(テーマ部門のみ、10点) 記念品
 ▽ジュニア
 1席(1点)2万円、記念盾
 2席(1点)1万円、同
 入選(数点)記念品

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ