信毎からのお知らせ - 販売局

独自視点光る優秀作 県こども新聞・スクラップ新聞コンクール表彰式

2016年11月20日

受賞作品の講評を受ける児童生徒ら

 小学生対象の「第17回県こども新聞コンクール」と小中学生対象の「第10回スクラップ新聞コンクール」(ともに信濃毎日新聞社と信毎販売店会主催)の表彰式が19日、長野市の信濃毎日新聞本社であった。計32点が優秀賞に選ばれ、受賞した小中学生や保護者ら約100人が出席した。

 こども新聞は県内259校から計1万17点の応募があり、優秀賞15点、奨励賞30点を選出した。今回から対象を小学生にも拡大したスクラップ新聞は74校から1827点が集まり、特殊詐欺記事で犯人が使った言葉を蛍光ペンで強調するなど、独自の視点でまとめた17点が優秀賞に選ばれた。奨励賞は23点、特別賞は8点。

 選挙権年齢の18歳以上引き下げの記事をスクラップして優秀賞を受けた長野市芹田小6年金子幹大君(12)は「作品作りをきっかけに、新聞記事を見出しだけでなく内容までじっくり読み考えるようになった」と話した。

 こども新聞は入賞・入選作品を23日まで長野市のながの東急百貨店で、30日?12月7日はJR長野駅ビル「MIDORI長野」3階で展示。スクラップ作品の優秀賞などは各地区教育会館などを巡回展示している。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ