信毎からのお知らせ - 販売局

優秀・奨励賞を決定 県こども新聞・スクラップ新聞コンクール審査会

2016年10月27日

入賞作品を選んだ県こども新聞コンクールの審査会

 小学生対象の「第17回県こども新聞コンクール」と小中学生対象の「第10回スクラップ新聞コンクール」(ともに信濃毎日新聞社と信毎販売店会主催)の審査会が26日、長野市の信毎長野本社で開かれた。こども新聞は優秀賞15点と奨励賞30点、記事のスクラップを集めたスクラップ新聞は優秀賞17点、奨励賞23点、特別賞8点を選んだ。

 こども新聞は県内259校から計1万17点の応募があり、県内6地区での審査を通過した135点が並んだ。地域の祭りや祖父の戦争体験など幅広いテーマの作品から、審査員は取材内容や見出し、レイアウトに工夫があるかなどを評価した。

 スクラップ新聞は74校から計1827点が寄せられ、事前審査を通過した219点から選んだ。

 審査した県教委教学指導課の中原功博指導主事は「身近なテーマに着眼していて、作品からその子が普段見ている世界を感じた」と話した。

 優秀賞受賞者の表彰式は11月19日、長野市の信毎長野本社で行う。こども新聞は県コンクール出品の135点を同17〜23日に同市のながの東急百貨店5階連絡通路などで展示する。スクラップ新聞の優秀賞などは同14日以降、佐久教育会館(佐久市)を皮切りに各地区の教育会館などを巡回する。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ