信毎からのお知らせ - 読者センター

フォト×俳句、上田で撮影と吟行実践講座 来月17日 俳人の坊城俊樹さんが指導

2015年9月23日

坊城俊樹さん

 写真と俳句を組み合わせた「フォト×(かける)俳句」を信濃毎日新聞に投稿している人の有志でつくる「信毎フォト×俳句クラブ」は10月17日、選者の俳人坊城俊樹さんを講師に実践講座を上田市で開く。「フォト×俳句」のための俳句作りのポイントなどを教わり、市内を撮影・吟行して作品を作る。参加を募っている。

 10月末まで作品を公募している第6回全国フォト×俳句選手権(信濃毎日新聞社主催)の関連イベントとして企画した。坊城さんは、写真家中谷吉隆さん(フォト×俳句欄選者)、俳人神野紗希さんとともに選手権の審査員も務める。

 講座は午後1時~4時半。上田市勤労者福祉センターで講義を受けた後、撮影・吟行へ。1人1作品を作って提出し、坊城さんが講評する。

 参加費は2000円で、高校生以下は無料。デジタルカメラを持参する。

 定員は先着順30人程度。申し込みは、住所、氏名、年齢(高校生以下は学年も)、電話番号を明記し、信濃毎日新聞読者センターへ。はがき(〒380―8546長野市南県町657)かファクス(026・236・3193)、メール(e-chiiki@shinmai.co.jp)で、10月9日(必着)まで受け付ける。定員になり次第締め切る。

 講座や選手権の問い合わせは、事務局の信濃毎日新聞読者センター(電話026・236・3110)へ。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ