信毎からのお知らせ - 読者センター

スクラップ新聞の入賞作品展 県内各地を巡回

2017年12月01日

 第11回スクラップ新聞コンクールの入賞作品展は来年3月まで、県内各地を巡回して開催します=表。小学1年生から中学3年生までの力作をご覧ください。各会場とも入場無料です。

 同コンクールは、信濃毎日新聞社と信濃毎日新聞販売店会の主催。各作品は、新聞から集めたスクラップ記事を一つのテーマでまとめ、自分の考えやメッセージを大きな見出しで表現します。

 今回は「小学生の部」と「中学生の部」に県内の小中学校71校から計1787点の応募がありました。審査の結果、両部を合わせて優秀賞17点、奨励賞17点、特別賞9点が選ばれました。

 入賞作品展のうち、各地区の教育会の会場では優秀賞と各地区の奨励・特別賞を展示します。長野市の長野駅ビルMIDORI(12月1~10日)では両部の入賞作品全点を展示します。なお、教育会のうち諏訪と中野・下高井、東筑摩郡山形村のアイシティ21での全点展示は終了しました。

 中学生の作品は人工知能(AI)や人手不足、スポーツ選手の活躍などをテーマにし、小学生の作品は戦争の記憶や伝統文化の継承、地域の魅力などを取り上げています。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ