信毎イベント&チケット

農民美術・児童自由画100年展

期日・期間

2019年11月30日(土)~2020年2月24日(月)
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(2019年12月29日~2020年1月3日)

会場

サントミューゼ 上田市立美術館

時間

9:00~17:00(入館は16:30まで)

料金(入場料・参加費等 税込)

<観覧料>
一般 700円(600円)
高校・大学生 500円(400円)
小・中学生  300円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者手帳携帯者とその介助者1名は団体料金

主な内容

 1919(大正8)年、版画家・洋画家として知られる山本鼎(1882-1946)が始めた「農民美術運動」と「児童自由画教育運動」。
 農民の手工芸品として始まった「農民美術」の生産は、大正から昭和初期にかけて一時全国に広がりました。現在は、長野県上田地域の伝統的工芸品として定着し、白馬・大町など県内各地にも影響を及ぼしました。
 一方、正確な模写を評価する大正期の学校教育を打破し、子どもたちの創造性に着目した「自由画」の理念も、今日の図工美術教育の基礎として受け継がれています。本展は、100年を迎えた両運動の果たした意義を見つめ直し、今後の可能性を探ります。

お申し込み(ご注文・購入)方法


主催・後援等

主催:農民美術・児童自由画100周年記念事業実行委員会(上田市・上田市教育委員会、長野県農民美術連合会、神川山本鼎の会)
共催:信濃毎日新聞社

お問い合わせ

上田市立美術館 0268-27-2300

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ