信毎ニュース

交通死亡事故ゼロ 200日達成で上田市を表彰

12月26日(水)10時22分

交通死亡事故ゼロ200日間達成を表彰される土屋市長(左から2人目)

 上田市で交通死亡事故ゼロの継続日数が200日に達したとして、県交通安全運動推進本部は25日、同市に市町村顕彰を贈った。表彰は2002年以来16年ぶり。25日夕現在、交通死亡事故ゼロを246日継続しており、「(上田市内で)記録が確認できる範囲では過去最長」(県上田地域振興局)としている。

 県交通安全運動推進上田地方部長の佐藤則之・県上田地域振興局長らが市役所を訪れ、土屋陽一市長に賞状を手渡した。上田市内では、4月23日に下丸子の国道152号で大型トラックが横転し男性運転手が死亡した事故の翌日から数えて、11月9日に交通死亡事故ゼロ200日を達成した。

 土屋市長は「関係するそれぞれの皆さんの昼夜問わない啓発のたまもの。協力してさらに記録を伸ばしたい」とあいさつした。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ