信毎ニュース

見つけよう新しい私 飯山で初の「女性起業塾」

12月22日(土)10時15分

自分の好きなことや得意なことを発表し合う受講生

 飯山市は21日、市内で起業を考える女性向けの「いいやま女性起業塾」を市文化交流館なちゅらで初めて開いた。長野県立大(長野市)の起業支援拠点「ソーシャル・イノベーション創出センター」の秋葉芳江チーフ・キュレーターが講師を務め、同市や千曲市の受講生11人が自分の強みを事業に生かす大切さを学んだ。

 受講生らは2人一組となり、それぞれ自分の好きなことや得意なことを発表した。聞き役となった受講生は、発表者の強みとなる点を指摘した。秋葉チーフ・キュレーターは「少なくとも30個は挙げてほしい。自分の強みをどうビジネスで生かせるのか考えて」と呼び掛けた。

 参加した飯山市内の40代女性は「自分の考えを整理できた。強みを伸ばすことの大切さが分かり、今後の張り合いになる」と話していた。

 市と県立大を運営する公立大学法人は9月、包括連携協定を結び、今回の起業塾は協定の一環。全3回の日程で次回は来年1月下旬に開く。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ