信毎ニュース

出産前後の女性の体学ぼう 母親ら、伊那で催し

10月11日(木)10時21分

女性のホルモンバランスについて話す井原さん(中央奥)

 出産前後のホルモンバランスが女性の精神面に与える影響を学び、悩みを話し合う催し「ワクワクママミーティング」が10日、伊那市内であった。「子育て日本一の村」を掲げる南箕輪村で子育て中の女性たちが企画し、上伊那地方の女性12人が参加。同じ地域で子育てに奮闘する女性同士で交流を深めた。

 助産師の井原由美子さん(南箕輪村)が、母乳を出すためなどに分泌されるホルモン「オキシトシン」が、イライラの原因にもなると指摘されている―と説明。子どもを守るために不快なことを取り除こうとする反応だとし、「誰もが経験するので、怒りっぽくなったからといって自分を責めないで」と助言した。

 その後、企画した女性も加わってグループをつくり、悩みを共有。長野市出身の主婦山田未来子(みきこ)さん(同)は、長男の想太朗(そうたろう)ちゃん(2)と参加。妊娠約5カ月の山田さんは、知らない土地での子育てに不安を感じていたといい、「同じ母親同士で話せたことが心強い」と話した。

 南箕輪村南原保育園に子どもが通う富岡順子さんら母親たちが、子育てしやすい環境を―とグループを結成。6月に続き今回が2回目の催し。今後も不定期で開く予定。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ