信毎ニュース

塩尻移住、歓迎の贈り物 転入の若い夫婦に漆器や野菜引換券

7月12日(木)10時03分

ウェルカムギフトの品物を載せたチラシと、取り組みを紹介するクリアファイル

 塩尻市は、市内の賃貸物件に引っ越してきた若い夫婦の家庭に贈る「ウェルカムギフト」の本年度の受け付けを始めた。定住につなげ、若い世代の人口を増やそう―との取り組みで3年目。木曽漆器や野菜の引換券の他、本年度は漆器のスプーンや箸を作る体験も用意した。

 ギフトは10種類。うち4種類は漆器のコーヒーカップセットや、カラフルな模様を漆塗りで施したグラスのセットなど高級な物を用意した。他の6種類は塩尻市農協の直売所「新鮮市場ききょう」(広丘郷原)で使える野菜引換券5千円分と、漆器の弁当箱やおわんのセットなど。

 条件は夫婦の少なくとも一方が20~39歳で、昨年10月1日以降に引っ越してきた家庭。市の委託で業務を行う第三セクター「しおじり街元気カンパニー」に申請すると、ギフトの引換券が郵送される。漆器は木曽平沢の「木曽くらしの工芸館」に自分で取りに行く。

 同カンパニーは「県外での移住希望者向けの催しにチラシを置き、近隣市町村と迷っている人に塩尻市を選んでもらいたい」としている。問い合わせは同カンパニー(電話0263・88・5941)へ。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ