信毎ニュース

姉妹都市連携、進展に意欲 千曲市を宇和島市長訪問

4月14日(土)10時35分

姨捨の棚田を見る宇和島市の岡原市長(左)

 千曲市と姉妹都市提携している愛媛県宇和島市の岡原文彰市長が12日、千曲市を訪れた。昨年9月の就任で、訪問は千曲市への理解を深め、連携をさらに深める足掛かりにする目的。国の重要文化的景観「姨捨の棚田」やJR篠ノ井線姨捨駅を見て回った。

 千曲市特産のアンズが江戸時代前期に宇和島藩からもたらされたとされる縁で、千曲市の前身の更埴市が1973(昭和48)年、宇和島市と姉妹都市提携を結んだ。現在は、1年ごとに交代で両市の小学生が互いを訪問し合う交流などが続いている。

 岡原市長は、千曲市役所で岡田昭雄市長と懇談。岡田市長は「南海トラフ地震など、いつ災害が起きるか分からない。互いに何かが起こったときには助け合う環境をつくっていきたい」と呼び掛け、岡原市長も「未来に向け手を取り合っていきたい」と応えた。

 岡原市長はこの後、千曲市職員の案内で棚田などを見学。取材に「今回の訪問を第一歩として、1年に1度会う関係にとどまらず、経済面などさまざまな面で関係を強化していきたい」と話していた。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ