信毎ニュース

松本の浄化センター実証研究施設が完成 現地で記念式典

2月10日(土)09時58分

 松本市と水道事業大手のメタウォーター(東京)、日本下水道事業団(同)は9日、同市の両島浄化センターにある最終沈殿池に「ろ過機能」を設けた実証研究施設の完成記念式典を現地で開いた=写真。最終沈殿池を増設せずに汚水処理能力を高める事業の一環で、既に稼働。3者による実証研究は2018年度まで続く見通し。

 実証研究は、国土交通省の下水道革新的技術実証事業に採択。新たな処理手法が確立できれば、同じ仕組みで汚水処理する全国の自治体にも応用できるという。菅谷昭市長は式典で「この技術が松本から全国や世界に発信されるといい」と期待した。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ