信毎ニュース

婚姻届提出、思い出に 佐久市が14日から新サービス

2月10日(土)09時53分

「このようにして撮影します」と記念パネルを手にする佐久市職員

 佐久市はバレンタインデーの14日から、婚姻届を提出したカップルに向けた新サービスを始める。婚姻届を和紙にカラーコピーしてプレゼントするほか、写真共有アプリ「インスタグラム」の表示画面を模した記念パネルも用意。若手職員が主体になり、「一生に一度の大切な日を行政としてもお祝いしたい」と企画した。

 婚姻届を窓口で受け取る際、市側はこれまで、「おめでとうございます」と声を掛けるほかに特段の祝福はしておらず、「あっさりしていて結婚した実感が湧かない」との受け止めも聞かれたという。婚姻届は必要事項の記入があれば使用する紙は自由で、かわいらしいデザインの書面を持参するカップルもいるが、市側が受け取ると提出した側には戻らない。

 そこで、市の若手職員が中心になり「印象に残る方法で祝えないか」「婚姻届は和紙にカラーコピーをして記念に渡そう」などと計画。インスタグラムを模した記念パネルは、中央部分が開いた枠の形をしており、カップルが並んで顔を出し、写真撮影できる。枠の周りには熱気球や重要文化財「旧中込学校」などを描いて、佐久をPRしている。

 担当で市民課の竹内悠樹子さん(33)は「大切な記念日が思い出に残るよう、お手伝いをしたい」。コピーのプレゼントは市役所本庁のほか、臼田、浅科、望月の各支所で応じる。記念パネルでの撮影は本庁のみで、撮影するカメラやスマートフォンなどは持参するよう求めている。

 いずれも平日の午前8時半〜午後5時15分。問い合わせは市民課(電話0267・62・3087)へ。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ