信毎ニュース

松川町の魅力、親しみやすく 町のリーフレット「mikke!(みっけ)」

12月07日(木)10時12分

松川町が発行しているリーフレット「松川町mikke!」

 松川町が発行する町内各地の魅力を紹介したリーフレット「松川町mikke(みっけ)!」が、好評を呼んでいる。2014年から年2回のペースで発行し、11月に第7弾が登場。毎回特定の地域にスポットを当て、地域の文化や歴史を盛りだくさんに紹介する内容で、住民の顔写真を大きく掲載する親しみやすいつくりも注目されている。

 リーフレットはA4判三つ折り。表紙には取り上げる地域の住民6人の顔写真を載せ、地域に根差して生きる人だからこそ知る伝承や風習、名勝旧跡、かつての暮らしぶりを紹介している。第7弾では上片桐の町谷(まちや)地区を取り上げ、南アルプスを望む「むらやま公園」の魅力や、葬式の終わりに複数人で大きな数珠を持って経を唱える「お数珠回し」の風習などを伝えている。地域でタイムカプセルを25年間保存した場所は、土の中ではなくて会所の天井裏だった―といったこぼれ話も紹介した。

 住民のコメントは方言をそのまま生かし、「地元感」を大事にした。紹介した場所の簡単な地図も載せている。

 当初は、町営温泉宿泊施設「清流苑」が、利用客にリピーターになってもらう狙いで作った。現在は町産業観光課も協力して地域を取材し、毎号1万部を発行している。町によると、観光客のほか、町に視察に来た町外の行政関係者からも「面白い」と反応が良いという。同課の宮島公香さん(44)は「町内に住んでいても驚くことがたくさんある。ぜひ手に取って見てほしい」と呼び掛けている。

 町内の観光施設や町役場に置いている。無料。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ