信毎ニュース

書道やコーラス、成果披露 県シニア大北信学部

12月07日(木)10時09分

民謡などを披露する実技講座の受講生たち

 県シニア大学北信学部(飯山市)の実技講座を受講している1、2年生約80人が6日、発表会を飯山市の県飯山庁舎で開いた。書道作品の展示やコーラスなど、日頃の成果を披露した。

 受講生は1年生が34人、2年生が50人で、それぞれ五つのテーマに分かれて活動。1、2年生とも書道、パソコン、コーラスの講座があり、1年生は水墨画と絵手紙、2年生はデジカメ写真と郷土史が加わる。

 発表会は各学年計10のテーマごとに行った。2年生のコーラスの受講生12人は、童謡「月見草の花」やロシア民謡「カリンカ」など4曲を合唱し、会場を沸かせた。

 2年生の長坂美智子さん(63)=木島平村上木島=は、郷土史の講座で江戸時代に地元の水利権を守ることに尽力した上木島村(現木島平村)の長坂織部について調べ、この日発表した。「皆が2年間の集大成を発表できた。仲間ができたことも良かった」と話していた。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ