信毎ニュース

味噌川ダム 放流・点検公開 20日、木祖でダムカレー提供も

5月19日(金)10時27分

昨年行われた味噌川ダムの放流=2016年5月14日

 木祖村の味噌川ダムを管理する水資源機構味噌川ダム管理所は20日、水を放流しながら行う点検の様子を一般公開する。昨年5月にダムの管理開始20周年を記念して初めて行い、好評だったことを受けた。この日は、関連イベントとしてカヌー体験が行われるほか、村内2カ所の施設がダムをイメージした「ダムカレー」を提供し、盛り上げる。

 同管理所によると、点検では通常は水を流さないが、今回は、ゲート設備の確認に合わせてゆっくりと流す。水の流路に独特の水模様ができるという。午前10時半、同11時半、午後1時半から30分ずつ行い、下流広場で見学する。

 見学場所の近くにある味噌川ダム防災資料館前では、同管理所が希望者に「ダムカード」を配るほか、薮原の「そば実」が村産のみそを使ったクッキーと、みそを塗ったおにぎり入り弁当を販売する。

 ダムカレーは、やぶはら高原の「こだまの森」と、国道19号沿いの道の駅内「げんき屋」が販売。同ダムが岩石や砂利を使ったロックフィルダムであることを山賊焼きや白米で表現し、木曽川の清流をキャベツで表したという。

 カヌー体験は、同村のNPO法人「木曽川・水の始発駅」が午前10時~正午、午後1時~2時半に正沢親水公園で行う。20分で500円。

 同管理所の担当者は「水を放流することで、魚のうろこのような独特の模様ができて楽しめると思う。この機会にダムの機能や役割も理解してもらいたい」と話している。詳しくは同管理所(電話0264・36・3111)へ。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ