信毎ニュース

筑北2小学校統合、可決 17年度内に村教委が準備委

3月18日(土)10時54分

 筑北村議会は3月定例会最終日の17日、2020年度に村内の筑北、坂井の2小学校を統合して坂井小の校舎を使うための関連条例案を賛成7、反対4で可決して閉会した。関川芳男村長は閉会あいさつで「(統合の)反対署名は真摯(しんし)に受け止め、良かったと思ってもらえるよう進める」と述べた。村教委は統合に向け、17年度内に保護者や教員らでつくる準備委員会を発足させる。

 条例案の審議では賛成4人、反対4人が討論。賛成の村議は村財政の厳しさなどを念頭に「地域ごとに思いの違いはあるが、先送りできない」と主張。反対の村議は15年度に旧本城小と旧坂北小が統合して筑北小ができた経緯に触れ、「また統合するのは理解ができない」とした。

 小学校統合を巡っては、筑北小の通学区にある住民でつくるグループが1363人分の反対署名を集めて村議会に提出した。傍聴した代表の会社員山田直幸さん(41)は「残念な思い。説明不足という不満が残るので、統合を進める際には保護者らへの説明をしっかりしてほしい」と話した。

 一方、中学校について村教委は、麻績村との組合立筑北中(麻績村)に通う筑北村の生徒を18年度から段階的に聖南中(筑北村)に移す案を示し、「小学校統合とセット」としている。小学校統合の関連条例案可決を受け、生徒を移す案について、宮下敏彦教育長は取材に「29日に麻績村に伝える」と述べた。

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ