なーのちゃんTV

楽しい夏 デザイン

2018年7月03日(火)09時35分

好きな絵を描いたTシャツを着てダンスを披露する子どもたち

 東御市北御牧小の1年生35人が2日、オリジナルTシャツ作りなどでアートを体験した。東御市の丸山晩霞記念館と、上田市立美術館が「夏色ショータイム」と題して企画。子どもたちは持参した真っ白なシャツにそれぞれが想像する夏らしい絵を描き、表現の楽しさを学んでいた。

 スイカやヒマワリ、花火といった夏の象徴を描き、色合いを工夫したり、手形や足形を付けてみたりしながら世界に1枚だけのTシャツを作った。その後、大きな和紙や白いシーツを持って校庭を走り回る学芸員らを追い掛けながらペットボトル入りの水性ポスターカラーをひっ掛けてカラフルな作品に。学芸員や子どもらもしぶきに染まり、笑顔が広がった。

 締めくくりに、子どもらは完成したTシャツを着てダンスを披露。

 6日には上田市長小でも同様の講座を予定している。

動画ファイル

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ