お店情報

お気に入り!このお店 絵本・童話 なるに屋

生活・雑貨 東信

 「子どもに本を読んでやると、とても喜びますよね。その表情を見ていて、大人もうれしくなります。本は親と子がつながる道具・素材だと思います」と、なるに屋社長の柳澤幹男さん。
 同店は創業して32年、現在地に移転して18年になります。畳のスペースがあるので赤ちゃん連れでも大丈夫、親子でゆっくりと本が選べます。
 親子二代(以上?)に愛されている定番といえる絵本をはじめとして、スタッフがあらかじめ目を通して、読んでほしいと思う新刊の絵本も並びます。もちろん一般の本屋さんと同様に、大人向けの書籍もあります。
 お祝いで絵本をプレゼントとして選ぶ場合に、どの本がいいのか迷ってしまうというときは、ぜひスタッフに相談しましょう(ラッピングもできます)。
 同店では「親子で楽しいふれあいの時間を過ごしてほしい」という願いから、年5回ほど「お話広場」を開いています。わらべうたあそびと絵本の読み聞かせで、覚えて帰って家でもいっしょに歌ったり、眠る前に読み聞かせをしてほしい、としています。
 対象は「だっこから就園前のお子さん」で、定員は親子10組程度。次回は14日(土)です。なるべく事前に電話予約をしてお出かけください。
 以降は9月13日(土)、12月6日(土)・13日(土)、3月28日(土)で、時間はいずれも11・00~11・30です。

■住所:上田市殿城978
■電話:0268-25-2230
■営業時間:8・30~17・30、(土)9・00~17・00
■休み:(日)(祝)定休

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2014年6月7日号掲載)。

住所
上田市殿城978
掲載紙(掲載日付)
週刊うえだ

2014-06-07

お店検索
クリックすると検索窓が開きます
カテゴリー
地域で選ぶ
市町村
掲載紙で選ぶ
フリーワード

  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ