お店情報

あの店この店=「里山のくらし商店」

食品 東信

(左から)「くるののジェノベーゼ」(970円)、「柿酢」(1300円)、「蕎麦蜂蜜(ナッツ入り)」(1400円)「蕎麦蜂蜜」(1080円)

野草茶(5パック入りで各270円)。2リットルほどの水で煮出したものを、5倍ほど薄めて飲むのがオススメ

 店があるのは、湯の丸高原に上る途中、標高850~1050㍍の南斜面に広がる横堰(よこせぎ)地区。田んぼや畑の向こうに、蓼科山と八ケ岳の山並みが見渡せる。暮らしや耕作の場である、ここ横堰を愛する楢原由紀子さん、松岡容子さん、中澤小百合さんが、昨年3月に合同会社を立ち上げ、同5月に店を開いた。
 扱うのは地元で収穫された農産物を使った加工品が中心。1年かけて発酵させたまろやかな酸味の「柿酢」や「蕎麦(そば)蜂蜜」、幅広い料理に使える「くるみのジェノベーゼ」、水分補給に最適な「野草茶」など。「昔ながらの里山の知恵を今の暮らしに取り入れやすいようアレンジし、安全で体に良いものをお届けしたい」と松岡さん。ドクダミの化粧水作りや農作物の収穫体験などのワークショップも随時開いている。

■住所:東御市新張925-9
■電話:090・3510・4446
■営業時間:午後1時~5時
■定休日:不定
■駐車場:あり

※記事中のデータは掲載日時点のものです(提供:週刊さくだいら 2018年7月12日号掲載)。

住所
東御市新張925-9
掲載紙(掲載日付)
週刊さくだいら

2018-07-12

お店検索
クリックすると検索窓が開きます
カテゴリー
地域で選ぶ
市町村
掲載紙で選ぶ
フリーワード

楽しむ

休日夜間当番医
当番薬局
鉄道運行情報
天気予報
お店情報
今日のレシピ
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ