信毎からのお知らせ

英国劇作家の戯曲を朗読で 松本で19日、トークイベントも

2021年12月1日

 英国を代表する劇作家デヴィッド・ヘアさんが新型コロナウイルスに感染した実体験に基づいて書き上げた戯曲「BEAT THE DEVIL(悪魔をやっつけろ)」を、劇作家の坂手洋二さんが朗読で演じます。開演は19日(日)午後2時、会場は松本市の信毎メディアガーデン。

 ヘアさんの戯曲は、新型コロナで混乱する社会、政府への怒りを記し、ロンドンで上演され話題になりました。坂手さんは、数々の社会問題に演劇で切り込み続けています。

 第2部では、演出家の串田和美さんが加わりトークセッションを行います。コロナが私たちの社会や価値観にもたらしたことについて、演劇を通じて社会との対話を続ける2人の演劇人が語り合います。

 前売り券は2000円、当日券は2500円。25歳以下は前売り・当日ともに1000円。信毎メディアガーデン1階まちなか情報局と、同ホームページ=QRコード=で販売しています。詳しくはホームページをご覧ください。問い合わせは、平日午前9時~午後5時に信濃毎日新聞松本本社まちなか情報局(電話0263・32・1150)へ。