信毎からのお知らせ

「RESPECT2」サッカー本大賞優秀作品に 読者賞の投票始まる

2021年2月19日

 出版社「カンゼン」(東京都)が創設した「サッカー本大賞2021」の優秀作品に、サッカーJ2松本山雅で2019年まで監督を務めた反町康治氏(56)=日本サッカー協会技術委員長=の著書「RESPECT2」(信濃毎日新聞社刊)が選ばれた。大賞など各賞の発表は4月。読者の投票によって決まる読者賞の投票が18日から始まった。

 「RESPECT2」は、反町氏が松本山雅監督に就任した12年から月1回のペースで信濃毎日新聞に掲載したコラム集の第2弾。16年4月から退任が決まった19年12月まで40回分を収録している。チームづくりのポイントや監督業の裏側、自身の経験を踏まえた地域や若者へのメッセージなど多岐にわたる話題を記している。

 サッカー本大賞は今回が8回目。作家や評論家らによる選考委員が20年に発売されたサッカー関連書籍の中から「RESPECT2」を含む11作品を優秀作品に選んだ。

 投票は、Webサイト「フットボールチャンネル」(https://www.footballchannel.jp/)で行い、締め切りは3月8日。

「サッカー本大賞2021」の優秀作品に選ばれた「RESPECT2」

信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉