信毎からのお知らせ

県内外書家の名作が一堂に 長野県立美術館で4日から「日本の書展」

2022年3月1日

 第49回「日本の書展」が4日(金)から7日(月)まで、長野県立美術館で開かれます。信濃毎日新聞社、全国書美術振興会、信毎文化事業財団、共同通信社の主催です。

 全国を巡回している現代書壇の最高峰とされる一流書家の名作と、県内書家の作品、合わせて約330点が会派を超えて一堂に展示されます。昨年逝去された、諏訪郡原村出身で日本芸術院賞などを受賞した津金孝邦さんの作品=写真=も並びます。

 開館時間は午前9時~午後5時(最終入場午後4時半)。入場料は800円、高校生以下は無料です。

 新型コロナウイルス感染拡大予防のため、来場時のマスク着用や手指消毒等の対策にご協力ください。問い合わせは信濃毎日新聞社事業部(電話026・236・3399)へ。