信毎からのお知らせ

視覚の不思議、魅力紹介 小布施・北斎館、企画展第2弾

2021年10月1日

 江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎の描いた作品の展覧会「北斎視覚のマジック2」が、11月14日(日)まで上高井郡小布施町の北斎館で開かれています。同館の主催、信濃毎日新聞社の共催です。

 昨年開催された「北斎視覚のマジック」展の第2弾。展覧会名の“視覚のマジック″は人や建物、風景などに見られる、現実離れした構図でありながら違和感がなく、かえって魅力的に感じさせる北斎の視覚的演出を意味します。北斎作品に加え、絵師として知られる娘お栄の作品を紹介するなど、長年にわたり保管されてきた名品の数々を拝観するまたとない機会になります。

 開館時間は午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)、入館料は大人1000円、高校生500円、小中学生300円。新型コロナウイルス感染症対策のため、入館時のマスク着用、手指消毒などにご協力ください。開館状況などの最新情報は北斎館ホームページで確認するか、同館(電話026・247・5206)へ問い合わせてください。

二美人

信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉