信毎からのお知らせ

「琳派」復興、神坂雪佳展 長野で7日から

2021年8月1日

 江戸時代初期の元禄期に発展した装飾画の流派「琳派(りんぱ)」を近代に復興させた画家神坂雪佳(かみさかせっか)(1866~1942年)の作品を集めた「つながる琳派スピリット 神坂雪佳展」(信濃毎日新聞社など主催)が7日(土)から、長野市若里の水野美術館で開かれます。

 俵屋宗達(たわらやそうたつ)や尾形光琳(おがたこうりん)をはじめとする琳派の美を受け継ぎながら、絵画だけでなく、図案(デザイン)、工芸といった分野で多くの作品を残した雪佳の代表的な作品を展示します。

 9月26日(日)まで。午前9時半~午後5時半(入館は午後5時まで)、月曜日(祝日の場合は翌日)休館。入館料は一般1200円、中高生700円、小学生400円。問い合わせは同館(電話026・229・6333)へ。

金魚玉図 (明治末期ころ 細見美術館蔵)

信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉