それはさておき、ひとまずワイン

大町市ノーザンアルプスヴィンヤード

ノーザンアルプスヴィンヤード ワイナリー&ショップ

生坂村の契約農家鈴木さんのナイアガラ

搾汁機から流れ出る“フリーラン”

 収穫の秋、この時期私は色んな県内のワイナリーに行き収穫のお手伝いをします。先日、大町市の「ノーザンアルプスヴィンヤード」さんに伺いました。

 社長の若林政起さんは2008年から実家の畑にブドウ苗を植え、2012年には東御市のヴィラデストワイナリーで委託醸造しワインをリリース。そして2014年、ワイナリーを完成、今年の春には自社醸造のワインもリリースしました。県内でも新しいワイナリーの一つです。主力の製品は、白ブドウのシャルドネと黒ブドウのメルロー。その他、リンゴの発泡酒シードルもリリースしています。

 大町市は北アルプスの麓の扇状地で標高が市内中心部でも700mを超える高地で、涼しい地域です。その為、ブドウの熟期が長く収穫時期の昼夜の寒暖差が大きくなるので品質が高まります。確かにこの日(9月9日)私の町、坂城ではシャルドネの収穫日でしたが、ノーザンアルプスヴィンヤードでは、2~3週間後くらいだとおっしゃっていました。

 午前中は畑に行き、シャルドネの病果を取る作業。一房ずつ確認し、腐敗や割れてしまった粒を抜き取ります。良いワインは健全果から。とても地味な作業ですが、これにより出来上がりのワインに差が出てきます。午後は生坂村の契約農家のナイアガラのが入荷してきたので、仕込み作業です。ちょうどこの日が2016年の初仕込みの日となりました。

 搾汁機にブドウを入れ、絞ります。最初に自重でつぶれたブドウの汁を「フリーラン」と呼びます。強い圧力がかかっていないので、苦味やえぐみがなくピュアなジュースが流れ出てきます。特にナイアガラはブドウ本来の香りが高く、甘みも上品でジュースとしてもとても美味しいです。絞ったジュースを翌日まで落ち着かせ、酵母を加え発酵させます。若林さん、今回のナイアガラは「スパークリングワインにしようかな?!」とおっしゃってました。リリースが楽しみです!

 これから、自社のシャルドネ、メルローの収穫~仕込みが始まります。それに加え、今年はピノ・ノワールも初収穫を迎えるそうで、ますます楽しみになりますね!

 さて、今日もひとまずワイン飲みましょうか。

【ノーザンアルプスヴィンヤード】
 長野県大町市大町大原町5829-12
  TEL 0261-22-2564
 地図 https://goo.gl/maps/ihDXtQE1ML72
 ※ワイナリーショップは現在 土日の12:00 - 17:00営業です。
 ネットショップHP http://navineyards.lolipop.jp/shop/

2016年9月12日


バックナンバー

楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
イベント情報
イベント情報投稿
書籍・CDランキング
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ