それはさておき、ひとまずワイン

レストランでのワイン注文の裏ワザ!

 この時期クリスマスやデートなど、フォーマルでちょっとかしこまった席で、レストランに行く機会もあるのではないでしょうか。慣れていない人にとっては緊張しちゃいますよね。しかもワインを注文。。。となると分からない人には更に大変。そんな時に使える裏ワザをご紹介します。

 例えばデートなどの場合、基本男性がホスト、女性がゲストとなりますので、テーブルにご案内され、席に着くとワインリストは男性に出てきます。

 アルファベットの表記しかしてなかったり、日本語でも「シャトーなんちゃら」とか「ジュヴレなんちゃら」とか、分からない人にとっては「呪文か!?」くらいに思っちゃうかもしれませんね。だからと言って「・・・・・任せるわ~」と言って女性に選ばせてはいけませんよ。

 困るのは、私のお店でもよくあるのですが「お勧めをお願い」とだけ言われることです。

 常連のお客様の場合は、どんな方といらしゃっていて、どのような味がお好みで、ご予算の幅もある程度把握できているのでそれでも良いのですが、初めての方の場合はお店側も難しいのです。どのお店も、置いてあるワインは何万種類の中から厳選したものなので、2000円でも10万円以上のワインもどれもお勧めなんです。

 なので「お勧めを」と言われると、10万円のワインを出したい気持ちをぐっと抑えて(笑)平均的な単価のワインを出す訳ですが、いつもはワインを飲まない方も、せっかく飲むのなら美味しいワインを飲みたいですよね。ご予算の中で。値段を言うのはNGだと思っている方も多いようですが、全然大丈夫なんです。「5000円くらいの白の辛口ワインでお任せします」と言っていただくと、好みに近いワインが出て来て、お会計の時にも驚かなくてすみますよ。

 ただ、あまり値段を知られたくないときもありますよね。そんなときの裏ワザです!

 ワインリストをお相手に見えないようにして、値段の部分を指さします。そしてソムリエに「こんな感じの白ワインの辛口をお願いします」と言っていだだくとスマートな注文ができます。この裏ワザはデートだけじゃなく、接待など「予算はあるけど相手に知られたくない」と言う時に有効な手段です。

 また予約の時点で「当日は5000円くらいの白の辛口ワインで、お料理に合わせてお任せします。」頼んでおくのも手です。当日席に着いた時点ですでにワインが用意されていますので「ワインはもう頼んであるんだよ」なんて言ったらスマートでかっこいいですね。

 さて、うまい事ワインを注文できたはいいがソムリエがワインを開けコルクを差し出しながら、グラスに注がれ「ワインのティスティングをお願いします」とやってきます。「いつも飲んでないから味分からないよ~。。。」と言っても私たちからするとお客様にも確認をしていただく必要があります。

 「ティスティングは結構です。そのままお願いします」でもOKなんですが、そうすると話が終わってしまうので続けましょう。

 ソムリエは栓を抜いてコルクを確認するのですが、この時点でだいたいワインの状態が分かります。ただ人間の嗅覚というのは人それぞれで、その香りに対してソムリエより敏感な方もいらっしゃいます。その為にもお客様に一口飲んでいただき確認をしてもらうのです。

 この「ティスティング」ですが間違ってとらえている方も多いようです。(TVなどでも見たことありますか!?)ソムリエがワインを含み「ズズズズーッ」と音を立て味わい、吐き出して「これは果実味がなんちゃら・・・熟成感がなんちゃら」とコメントをする場面。これはソムリエが仕事上でワインを飲む時にするもので、この場合とレストランでお客様がしていただく「ティスティング」は違うのです。

 レストランでのお客様がしていただくティスティングは正確には「ホスト・ティスティング」と言い、ワインを選んだ方にワインの状態を確認していただく為のものです。なのでワインに対するコメントもいらないですし、ズズズーっと音を立てて飲む必要もありません。

 そしてこの「ホスト・ティスティング」はやはり基本は男性の仕事です。「彼女はいつもワインを飲んでるけどオレはいつも焼酎だぜ!だから彼女にやってもらおう!」と言うのはちょっと良くないのです。

 難しいことは何もありません。自分のグラスに少量のワインが注がれたら、ワインを一口飲み「お願いします」ニコっと微笑んむだけでOKなんです。

 このホストテイスティングをされると「美味しくなかったら換えてくれるの?」と聞かれる事もありますが、その場合には基本的にお取り換えはできません。先にも書いた通り「状態を確認」していただく為のものなので、ワインの状態が健全であれば「味」がお好みではなくても、ダメなワインではないので交換は出来ません。

 もちろんブショネ(コルク臭)や保存状態の悪さ等によって、劣化したワインはお店側の責任としてお取り換え致します。ただこのブショネ、かなり飲みなれていない人以外は分かりにくいと思います。でももしカビっぽい香りがしたり「ん!?何か分からないけど嫌な香り・味がするな?」と感じたらソムリエに「確認してもらってよいですか」と言っていただければ、こちらで一口いただき確認させていただきますので「何か変かな~」と感じた場合はご遠慮なくお申し付けください。

 フォーマルなレストランでは、私たち日本人にはなじみのないテーブルマナー的なこともありますが、私たちソムリエは食事とワイン、そしてその時間を愉しんでいただけるよう心掛けてサービスをしています。ワインやお料理について分からないことがあれば何でも聞いてくださいね。皆さんの「おいしい」と言っている笑顔を見れることが私たちの幸せなのです。

 最後は宣伝になってしまいますが、私のお店でもクリスマスディナーのご予約を承っています。まだご予定がない方はぜひ!
http://gatto.naganoblog.jp/e1615435.html
さて、今日もひとまずワイン飲みましょう。

2014年12月13日


バックナンバー

楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
イベント情報
イベント情報投稿
書籍・CDランキング
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ