信州お天気手帖

我が家の野沢菜、秋の天候の影響

 今シーズンは、すでに何度も真冬並みの寒波を受けていますが、今後の雪や寒さの備えは整っているでしょうか。今後も12月15日(金)の朝まで強い寒波の影響を受けるので、寒さや大雪等、最新情報に注意してお過ごしください。

 さて、写真は、我が家の畑の野沢菜漬け用の野沢菜です。穴が開いているのは毎年のことなのですが、問題は背丈です。今年はいつもの年の三分の一程度までしか伸びていません。本来はそろそろ収穫して漬ける時期なのですが、成長が悪く収穫をジリジリと遅らせている状態です。この時期は、強い霜にあって倒れてしまうカブはあっても、1メートル近くにも勢いよくのびた野沢菜が、青々としている姿が見られるはずなので、それを思い出すと、今年は畑がなんだか寂しそうにも感じられます。この成長不足の原因の一つは、秋の天候にあると考えられます。

 我が家の野沢菜は9月中旬に種まきをしました。いつもは暑さの残る時期ですが、今年の暑さは控えめだったため、畑の水分が保持されやすく、水くれの回数も少なく、手入れは楽でした。しかし、成長期の10月は、前線や低気圧、そして台風の影響で、曇雨天が多く、日照時間はかなり少なくなり、成長が遅れました。さらに11月になってからの寒さが追い討ちをかけ、成長が不十分なまま、ついに収穫期を迎えてしまったようです。
 もちろん、天候は言い訳であって、プロの農家さんや栽培の上手な方の畑の野沢菜は今年も立派です。自家用ということで、栽培知識もなく、天候任せにしていた我が家では、来シーズン以降は、天候対策が課題になりそうです。

 それでも今年は、この短い野沢菜を漬ける予定です。量が少なくなってしまったことから、野沢菜漬けができても、だいぶ早い時期に底をついてしまいそうです。春先の暖かさで発酵が進んだ、少し酸味の入った野沢菜漬けも好きなのに、そうなる前に食べきってしまいそうですが、今シーズンの貴重な野沢菜を、大事に食べていきたいと思っています。寒い日に野沢菜とお茶をお供に雪見をするのが、今から楽しみです。

 では最後に、この後の12月の天候です。年末にかけてこの時期としては寒い日が多いと予想されています。降雪は、積雪として残りやすくなります。スキー場には嬉しい雪ですが、本格的な除雪が必要になる地域も出てきます。十分な安全を確認して作業されてください。

2017年12月12日


バックナンバー

楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
今日の運勢
イベント情報
イベント情報投稿
映画館情報
書籍・CDランキング
パズル
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ