信州お天気手帖

雪による日焼けに注意を

 まだ11月だというのに、真冬並みの寒気が流れ込み、県内も雪が降りやすくなりました。平地では、雪が降ると、雪かきや交通障害など心配事が増えますが、スキー場では恵みの雪となり、早くもオープンとなったゲレンデもあるようですね。

 雪といえば、特に晴れている日はキラキラと輝いて綺麗ですが、雪はとても日焼けしやすいです。雪は太陽光線の反射率が非常に高いからです。一般的に、反射率は、アスファルトや草地では10%程度と少ないですが、新雪はなんと90%もあるそうです。これは、雪の結晶の表面の凹凸が太陽光線を乱雑に反射しているからです。冬は、紫外線自体は弱くなっていますが、雪の周辺では、直射日光と反射した太陽光線の両方を浴びることになるので日焼けしやすいということになります。このため、日焼け対策は、反射した太陽光線を受けやすいあごの部分まで念入りに行ってください。

 また、レジャーはもちろんですが、雪かきの作業中も日焼けをします。庭先の雪を片付ける、という短時間であっても日焼け対策を行った方が良いです。冬だからと言って油断して、うっかり日焼けしないようにしてください。さらに雪下ろしなど本格的な作業は長時間となりますので、ゲレンデ同様に眼の紫外線対策も行ってください。

 私は、これからの時期、雪化粧した庭先を眺めるのが楽しみですが、雪があるということは日焼けしやすいということになります。このため、今年は積極的に庭の雪かきをしようと思います。冬の運動不足解消にも良いですね。でも筋肉痛にならない程度に。

 さて、最後に12月の天気の傾向です。気温は、12月としては寒い日が多い予想です。また、北部山沿いや中野飯山地域の降雪量は、平年並みか平年より多い予想です。ということで、真冬のような寒さや降雪となる日も多くなりそうです。雪のある所での活動は日焼けに注意し、大雪や寒さの前は、灯油の残量を確認し、食品を多めに買うなどの対策も検討してください。

2017年11月27日


バックナンバー

楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
今日の運勢
イベント情報
イベント情報投稿
映画館情報
書籍・CDランキング
パズル
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ