信州お天気手帖

秋の進みを感じるキンモクセイ

 朝晩はすっかり肌寒くなりましたが、日中は過ごしやすい暑さとなる日も多くなりました。このため、日中の外での作業も、日差しが心地良く感じられます。そんな週末に、私は実家の庭の草取りを行いました。

 作業中、甘い香りが漂っていました。それは、実家の庭にあるキンモクセイからです。いまがちょうど満開となり、庭中に香りが漂っていました。私は、前回のコラムで、高原のマツムシソウの紫色に初秋を感じると書きましたが、お彼岸を迎えたこの時期は、キンモクセイの香りに秋の進みを感じます。

 世代によっては、キンモクセイの香りに芳香剤を思い浮かべるということです。芳香剤の香りに使用されていた時代があったからですね。そんな特徴的な甘い香りですが、私は年々好きになっています。仕事柄、季節の変化に敏感というのもありますが、この香りに、ギラギラした夏から解放され、でもまだ厳しい冬でもない、その境目の心地良い穏やかさを感じるようになりました。また、キンモクセイの花は弱いのか、秋雨や台風などの風雨により、あっけなく散ってしまうこともあります。香りを満喫できずに散ってしまった年もあり、とても残念に思ったこともありましたが、このはかなさも魅力の1つなのかもしれません。この時期のキンモクセイを毎年心待ちにしていて、外出中に偶然漂っている甘い香りにも、どこだ、どこだと、ソワソワしてしまいます。

 さて、キンモクセイの香りを満喫したら、次に楽しみたいのは、紅葉ですね。紅葉は、最低気温が一桁になる頃からゆっくりと始まっていきます。現在、県内の紅葉は、標高1500m以上で色づき始めていて、そのうち標高2000m以上では一部で見頃を迎えている所もあるようです。そして、平地の見頃は、10月下旬から11月上旬で平年並みの予想です。今年の紅葉の色合いは、夏の曇雨天などの影響もあるかもしれませんが、厳しい冬の一歩手前、鮮やかに染まる景色を楽しみたいですね。

 最後に10月の傾向です。高気圧に覆われ、秋晴れとなりやすく、行楽日和が多くなりそうです。ただ、平均気温は低めで、特に晴れる朝は冷え込みが強まります。急な寒さで風邪など引かないよう、体調管理をしてください。暖房を使用する目安は、最高気温が15度以下、最低気温が5度以下などと言われています。週間予報などでこれらが予想されている際は、燃料の確保や暖房器具の点検などを行い、寒さに対応できるようにしておいてください。

2017年9月26日


バックナンバー

楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
今日の運勢
イベント情報
イベント情報投稿
映画館情報
書籍・CDランキング
パズル
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ