信州お天気手帖

梅雨明けはいつ?

 県内は、空梅雨傾向から一転、6月末から梅雨前線の活動が活発となりました。小谷や白馬など、この時期としては記録的な大雨に見舞われた地域がありました。その後しばらく経ちましたが、雨が降った際にその大雨が引き金となって土砂災害などが発生する恐れがありますので、注意してください。

 雨の降りやすい季節は秋まで続くのですが、まずは出だし、梅雨の明けるタイミングが気になりますね。「タチアオイの花がてっぺんまで咲くと梅雨明けする」と聞いたことはないでしょうか。

 タチアオイは梅雨入りした頃、下の方から次々と花が開いていきます。そして、7月後半になるとてっぺんまで咲き揃います。これがちょうど梅雨明けのタイミングに近いことから、このように言われているのです。梅雨の頃の雨を十分吸い上げましたよ、というサインなのでしょうね。写真は、長野市の昭和通りで咲いていたタチアオイです。もうすぐてっぺんまで咲きそうです。

 この後の7月の傾向です。中旬は梅雨前線の活動が活発となり、引き続き大雨に注意が必要です。梅雨前線はこの先も本州付近に停滞しやすく、3連休の海の日(17日)頃もまだ本州付近から離れない予想です。関東甲信地方の梅雨明けの平年は21日頃ですが、今シーズンは少し遅めになりそうです。そして、梅雨明けすると高気圧に覆われ晴れる日が多くなります。日中はかなり蒸し暑くなります。熱中症に注意してください。

 日本気象協会のホームページ(https://tenki.jp/heatstroke/3/23/)では、熱中症情報を公開していますので、こちらも参考にしてください。

2017年7月10日


バックナンバー

楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
今日の運勢
イベント情報
イベント情報投稿
映画館情報
書籍・CDランキング
パズル
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ