信州お天気手帖

身近な春の訪れ

可憐なセツブンソウ

庭のウメの木

 朝晩は冷え込みが緩んだり、日中はポカポカ陽気となる日も多くなってきましたね。みなさんの身近では冬から春へ、どんな変化があったでしょうか。

 長野市の私の家は、冬になると毎朝窓に結露が生じます。早めに起きて「結露取りワイパー」という道具で結露を取り、窓を乾かすのが毎朝の日課です。ようやく結露が生じにくくなり、作業も楽になりました。毎朝ほんの数分だけですが、朝寝坊できることが今の楽しみ。わずかな変化に春を感じています。

 千曲市の実家では、庭のウメの木がつぼみをだいぶ膨らませてきました。今週末には咲き出しそう。このウメは庭の植物の先陣を切って咲くので、小さな昆虫もそれを待っていたかのように集まってきます。ヒヨドリなど鳥たちも集まってくるので、庭もいっきに賑やかになります。暖かい春の日差しを浴び、日向ぼっこしながらそんな様子を眺めるのも、この時季ならではの楽しみです。

 千曲市と言えばアンズが有名ですが、その前に春を告げる可憐なセツブンソウが咲き始めました。まだ寒い信州ですが、明るい日差しをいっぱいに受け、とても嬉しそうに咲いているように見えました。中旬には見頃を迎えそうです。

 さて、これからの3月の気温は、中旬以降平年並みでしょう。花々も咲き出し、春色の服が着たくなるような陽気が増えそうです。嬉しい春ですが、これまでより乾燥します。空気が埃っぽくなり、花粉も飛散するので注意してくださいね。

2017年3月07日


バックナンバー

楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
今日の運勢
イベント情報
イベント情報投稿
映画館情報
書籍・CDランキング
パズル
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ