信州お天気手帖

晴れた日に朝晩冷え込む理由

 長雨も落ち着き、秋晴れが多くなりました。その分、朝の冷え込みが強まり、この秋一番の寒さを更新する日も多くなりました。さて、なぜ、晴れた日は冷え込みが強まるのでしょうか。

 これは「放射冷却」という現象によります。まず、地球と太陽の熱のやりとりで解説します。日中は太陽の光、熱を地球が吸収し、空気を暖めるなど様々な活動に使われます。夜間は、日中に地球が吸収した熱のうち、使われなかった余った分を、空に向かって放出、戻します。この循環により、地球の熱が過剰に蓄積されないよう、バランスが取れているのです。放射冷却とは、余分な熱を放射して、地球を冷ますことなのです。

 夜間の熱の放出は、天気により大きく左右されます。曇っている日は、熱が放出されても上空の雲が蓋の役目をし、熱の放出を遮ることで、熱が地表に再び戻ってきます(イラスト左)。このため、冷え込みも控えめです。一方、晴れている日は、雲がないため熱の放出が邪魔されず、どんどん逃げていくことで地表の温度も下がります(イラスト右)。特に風の弱い晴れた日は、空に向かった熱の放出が活発となります(風が強い日は、空気がかき混ぜられるので、気温低下は緩和されます)。

 放射冷却現象が強まるのは、風の弱い晴れた日ということがお分かりいただけたでしょうか。さらに、冷たい空気が流れ込んだ後はもっと強まることになるのです。もともと冷えた空気が拡がっている所へ、さらに活発な熱の放射が起こるためです。例えば、寒冷前線が通過して冷たい北風が吹いた日、その後に晴れる朝は放射冷却が特に強まります。

 放射冷却は、日の出の少し前に最も強まる傾向があり、この時間に最低気温を観測することが多いです。冬に向かい、日の出の時間がジワジワ遅くなっています。朝の身支度に影響する方も多くなると思いますので、最低気温の予想に注目し、服装管理や暖房の準備を進めてください。

 実は、私も最低気温の予測に敏感になっています。気象予報士という職業であることはもちろんですが、我が家は窓に結露が発生するからです。結露の発生は、夜に洗濯物を部屋干しするなど湿気の状態にもよりますが、最低気温10度程度でも、うっすら始まります。結露した朝、専用のワイパーで水滴を回収するのが朝の一仕事。このため、朝、結露回収の作業が発生しそうな日は、少し早めに起床するよう、目覚ましをセットしています。これから、そんな日が増えます。ちなみに、もっと冷えて、氷点下6度を下回ると、我が家の窓は全面結氷します。今シーズンは、何回ありますかね。

2016年10月12日


バックナンバー

楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
イベント情報
イベント情報投稿
書籍・CDランキング
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ