信州お天気手帖

秋雨はいつまで

画像:日本気象協会

 9月は、秋雨前線や台風の影響を多く受けました。秋の降り続く雨のことを「秋霖(しゅうりん)」と呼びますが、霖とは、長雨のことです。県内も雨雲に覆われ、晴天は少なく、洗濯物の心配をする日が多くなりました。

 さて、この不安定な天気をもたらす秋雨前線の影響は、いつ頃まで続くのでしょうか。

 前線とは、性質の異なる空気の境界です。性質の異なる空気は、穏やかに混ざり合うことを嫌い、境界では激しい衝突が起こります。秋雨前線も同様で、北側の爽やかな秋の空気と、南側の蒸し暑い夏の空気が激しい衝突を繰り広げます。

 前線付近では、大気の状態が非常に不安定となり、荒れ模様となることも多いです。前線上に低気圧が発生していると、前線の活動が刺激されます。また、前線の南側に台風が発生しているときは、前線に向かって湿った空気が大量に流れ込み、前線の活動が活発となることがありますので、注意、警戒が必要です。

 秋雨前線は、北側の秋と南側の夏の空気、両者の力がほぼ同等の際は停滞します。どちらか一方が強くなると、強い方が前線を押すことによって、前線の位置が南北に大きく動きます。前線が日本海側にあるときは、県内は、前線の南側となり、蒸し暑い夏の空気が拡がります。この時期でも熱中症に注意は必要です。一方、前線が日本の南に下がると、県内は、前線の北側となり、大陸から乾いた空気が流れ込み、日中は爽やかな暑さになります。ただ、朝晩は、放射冷却現象の影響で冷え込みが強まりますので、急な寒さにも注意が必要です。

 最新の気象資料によると、この先も10月上旬は、秋雨前線の影響を受けやすい見込みです。洗濯や外での作業に悩まされる天気となる日が多くなりますが、中旬以降は、秋雨の天気は解消に向かい、晴れる日が多くなりそうです。県内の紅葉も進んできていますが、10月は後半ほど、行楽日和が多くなりそうです。

2016年9月28日


バックナンバー

楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
イベント情報
イベント情報投稿
書籍・CDランキング
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ