信州スポーツスタジアム

  ピッチングコーチの有銘です

有銘ピッチングコーチ

マウンドでアドバイスする有銘ピッチングコーチ

ベースボールアカデミーでの指導。ベースの踏み方

みなさん こんにちは
2016信濃グランセローズピッチングコーチの有銘です。

指導者としては初めてで、選手とともにチャレンジの毎日です。私の指導方針は、ドラフト会議で指名される選手を育成するのではなく、NPBで活躍する選手を育てようと指導しています。選手には、出来る事はしっかりやる。投げるとき以外のプレーをしっかりすること。
牽制、ベースカバー、野手との連携の際の「声がけ」、フィールディング。あたり前の事を出来ないとNPBはムリです。

選手からは、「昨年より3倍は走っている」と言われていますが、これはあくまで最低限の練習。もっと上手くなりたい選手は、考えて練習します。

「上に行くなら、更にどのぐらい自分で練習するかだぞ」と教えています。技術も大事ですが、このような野球に対する姿勢も選手に伝えています。一般の仕事も同じだと思います。一人の社会人として自ら考え進んでやらないと意味を持たないという考え方を選手に伝えられたらと思います。

チームは(5月24日時点)前期の3分の2を終え、負け越しをしています。少し厳しい状況ではありますが、首位のチームとの直接対決もあり決してあきらめていません。

練習拠点の中野に、目の色変えてひたむきに練習をする選手を見に来てください。そして、試合では良いプレーには熱い声援を、攻めていない四球など気が抜けたプレーをする投手陣にはスタンドから大きな声で怒ってください。

球場でお待ちしています。

2016年5月24日



チームトップへ

【信濃グランセローズ】バックナンバー


楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
イベント情報
イベント情報投稿
書籍・CDランキング
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ